北欧のてしごと① 白樺細工

春が近づいて、新しいことを始める良いタイミングですね。
自宅教室、カルチャー教室のお問い合わせ、お申込みが増えてきました。

今日は還暦前、という方からカルチャーのお問い合わせ。
少し遠くからお越しになるようですが、将来に向けて編み物を学びなおしたいというお話でした。

いくつになってもチャレンジするって素晴らしいですね♪
頑張る皆さんのお役に立てたら幸せです^^

 

 

昨年末のブログで私も新しいことにチャレンジしていると書かせていただきました。

教室の生徒さんにはお話ししていることなのですが、かご好き北欧好きが高じて「白樺のかご」づくりを学んでいます。

 

 

白樺の樹皮を下処理から行う工程はとっても時間がかかる作業ですが、編み上げていく楽しさと出来上がった時の喜びが編み物と似ていて自分にとっても合っています。

 

白樺樹皮の作品はとても丈夫で、お手入れをしながら大切に使えば100年もつそう。

こんなところにも魅力を感じ、息子、娘、そして孫にも受け継いでいけたら素敵だなと感じています。

北欧に古くから伝わる技術を、わたし自身が楽しみながらお伝えしていけたらいいな…

 

 

 

ワークショップのご要望も聞こえて来ていますので準備を進めています。

もう少しだけ先になるかもしれませんが、詳細が決まりましたらこちらのHPとインスタグラムでお知らせさせていただきますね。

 

インスタグラム
https://www.instagram.com/naturalknit_ecru/

 

*** パターン・キット・作品販売 ***

 

 

 

 

関連記事

月別アーカイブ

SNS

    

ecru*の本棚 ~掲載本の紹介~

ページ上部へ戻る