フェアアイルセーターのこと

フェアアイルセーターは、その色合いや糸の風合いがとても魅力的で私も大好きです。
十字模様やひし形の模様など、色々な模様が編み込まれた多色使いのセーターは、スコットランドのはるか北方、シェットランド諸島のいちばん南の島、フェア島が発祥。
この一帯は8世紀以降バイキングたちの庭であり、15世紀にスコットランドが譲り受けるまではノルウェーが支配していました。
フェアアイルセーターはスカンジナビアのセーターがもととなってシェットランドに自生する野草の染料が使われ、独特のカラフルなセーターが生まれたといわれています。
もともとは漁師達が着るフィッシャーマン・セーターでしたが、英国皇太子時代のウインザー公がゴルフウエアとして紹介したところ、世界的に知られるようになったというエピソードがあるそうです。

伝統のフェアアイルセーター、編み物の歴史を知っているとさらに愛着がわきますね^^

 

関連記事

Blog ranking

Blog ranking

おすすめ記事

  • 2015.1.31

    どんな教室?

    ecruエクリュは「生成り色」の意味を持つ言葉です。自然な色、優しい色、そして綺…

  • 2014.4.12

    編み物を楽しく♪

    レッスンにいらっしゃる方の中には 「持っていた本を見ながら頑張ったけれど 理解出…

ページ上部へ戻る