和室をセルフリフォーム その1 ペンキ塗りと天井に壁紙

築13年の我が家の和室をリフォームしています。

最終的には畳を床に変えたいのですが、業者に頼むとすごく費用がかかるので、考えに考えて、出来る範囲で自分でやっていくことにしました。

テーマはナチュラル&クラシカル。
純和室をいきなり洋風にするのはやっぱり無理がありそう・・・と、構想を練っていた時は、和にも洋にも溶け込むようなアジアンテイストにしようと思っていました。
でも、素敵なダマスク模様の壁紙に出会ってしまって、襖に壁紙を貼ってイメチェンしようと決めてから、洋に近いイメージを持つように♪

かなり大掛かりなことになるでしょうし、体調のこともあってなかなか手を付けられなかった時に、照明だけ新しいものに変えて1人ワクワクしていました^^
そこからひと月後の先週、ここ2年ほど置いていたピアノをクレーンで2階に移動してもらいました。

空っぽになった部屋を眺めながらあれこれ考えるのがまた楽しい時間です。イメージを膨らませつつ、大変だからやめることにしていたペンキ塗りをやっぱりやってみよう!と着手。

大変だけど楽しくて止まらないペンキ塗り。無塗装の鴨井や柱、敷居をきれいに拭き掃除して、マスキングテープを貼るのも楽しい作業。
2日間かけて2度塗りし、アイボリーに塗り変えました。

 

敷居を塗っていると、ベージュの「敷居滑り」がやっぱり気になる気になる。
で、白い敷居滑りを探したら、あるんですね! お店では売っていないものが簡単に探せるってほんとに便利な世の中だな~。

早速取り寄せて、べりべりっとはがして張り替え。 すっきり綺麗になりました♪

 

木部のペンキ塗りが終わったので次は天井です。
木目調の茶色い天井は圧迫感があって、低く狭く感じます。
ペンキを塗ろうか、壁紙を貼ろうか、すごく悩みましたが、上を向いての作業はかなり大変・・・。ここだけでも業者に頼もうかと思ったら、やっぱりお高いですね。
そこでまたまた探していたら、ありましたありました、簡単に貼れるものが^^
ということで、天井もきれいに拭き掃除をして、カインズでゲットしたパネル壁紙を1枚ずつ貼っていきます。

写真 2016-08-02 18 10 53

 

まっすぐ貼るのって以外に大変。それに、上を見ての作業はやっぱり疲れる~。
と思っていたら、娘が裏紙をはがすのを手伝ってくれ、作業がとっても楽に、早くなりました。

今回は半分まで貼ったところで休憩です。


ゆっくりゆっくり、無理をせずにやらないとですね。
力仕事は主人に頼むこともありますが、自分のイメージ通りに変わっていく過程が楽しくてワクワクしながらやっています♪

次回は畳のリフォームと襖のイメチェン。 そろそろ
材料が届くので楽しみです。
うまくできるといいな♪

和室をセルフリフォーム その2 畳剥がしと襖のリメイク

関連記事

Blog ranking

Blog ranking

おすすめ記事

  • 2015.1.31

    どんな教室?

    ecruエクリュは「生成り色」の意味を持つ言葉です。自然な色、優しい色、そして綺…

  • 2014.4.12

    編み物を楽しく♪

    レッスンにいらっしゃる方の中には 「持っていた本を見ながら頑張ったけれど 理解出…

ページ上部へ戻る