愛用の加湿器

インフルエンザも流行していますね。
学級閉鎖もちらほら聞こえてきます。

我が家の風邪対策の必須アイテム、米国KAZ社のスチーム加湿器、VICKS。

昔、国内メーカーの一加湿器のフィルター交換のめんどくささやカビが気になって1シーズンで処分してしまい、しばらく加湿器のない冬を送りましたが、KAZ社の↓このタイプをみつけ、使いやすさに驚いてしばらく使っていました。

その後、VICKSに乗り換えて10数年使い続けていますが、故障もなく優秀です。
ヴィックスドロップの形を思わせるデザインもお気に入りの理由の一つ。
吹き出し口に専用のヴェポラップのリフレッシュオイルをたらすことができます。
子供たちが小さい頃、鼻詰まりや咳の風邪の時にヴェポラップに随分お世話になっていたので迷うことなく使っていましたが、今はアロマオイルで使用しています。

 

水を入れたタンクにひとつまみの食塩を入れて使うのが面白いVICKSですが、食塩を入れる理由は次のように説明されています。 

「Vicks・スチーム加湿器は、プラス極とマイナス極に、電極棒と呼ばれる炭素の棒を水に浸すことによって、電気を流しお湯を沸騰させ、蒸気を放出させる仕組みになっています。水または、ぬるま湯に入れる塩は、電気の流れを良くし、加湿をより促すためのものです。」

旧モデルなので炭素電極が徐々に分解されてタンク内に炭が沈殿して、少し灰色の水になることがあったり、電極についた堆積物を時々落とさないと段々スチーム力が落ちてくるのでその堆積物をガリガリ剥がすのが必要。でも1シーズンに1回か2回くらいだし、これが意外と楽しくて苦ではありませんでしたが、今は堆積物のつかないモデルも出ています。 

水が沸騰するときのポコポコ・・・という音も私には心地よく、お気に入りの加湿器。
やっぱりシンプルなVICS以外考えられないので、壊れた時のためにそろそろ交換ユニットを買っておこうかと探してみたら、なんと、交換ユニットも5000円~6000円するじゃないですか!
 
たしか製品価格もそのくらいかもうちょっと安かったような・・・
 
現在は正規輸入品だと2万円越え、ものによっては4万円越えのものも。
並行輸入品であれば5千円台で買えるし、問題もなさそうなので、ユニットじゃなくてこちらを入手することにします。

タイマー機能も何にもない、ただ加湿する事だけに特化した作りですが、普段のお手入れが簡単、水の補給が簡単でシンプルなVICKSは私のお気に入りです♪
 

関連記事

Blog ranking

Blog ranking

おすすめ記事

  • 2015.1.31

    どんな教室?

    ecruエクリュは「生成り色」の意味を持つ言葉です。自然な色、優しい色、そして綺…

  • 2014.4.12

    編み物を楽しく♪

    レッスンにいらっしゃる方の中には 「持っていた本を見ながら頑張ったけれど 理解出…

ページ上部へ戻る