春待ちタティングとご縁の話

まだまだ寒いけれど、春色糸でタティング♪
小っちゃいものを色々・・・

昨日、久々のユザワヤさんへ行くと、オリムパスさんの新商品のタティングレース糸が並んでいました。
糸見本でしか見ていなかった色、こんな色だったんだーなんて。
クロバーさんの、あの可愛いピコゲージも茶色が並んでいましたよ。
アイスブルーを買おうかどうか迷っていたりするわたし。
結局使わないのかもしれないけれど、あの可愛いブルーが手元にあったら幸せだわ~と。
道具にだけは目がないもので。
きっと近いうちにポチってしますでしょう^^

側で立ち話しているご婦人二人のお話が耳に入ってしまって、ピコゲージのこと迷ってらっしゃるのかなと、余計なお世話かもしれないと思いつつ、ついつい声をかけてしまいました。
糸の太さも迷ってらっしゃったり、ペンダントタイプのレース針はあった方が良いですか?とご相談いただいて、ほんのちょっとですがアドバイスさせていただきました。
昨日のうちにメールを下さって、ご縁ってこんな風につながっていくんだなって、ちょっぴり嬉しい1日でした。

書籍のお仕事関係でこのところタティングばかりしていましたので頭がタティングモードなんですね。
そして改めてタティングレースの良さを感じたりしています。
タティングレースって、レーシーでゴージャスなイメージもありますが、私自身がそうではなくてっていうか、コテコテのレースは好きではないので、
できるかわかりませんが、できれば、ちょっぴりライトで、ナチュラルなタティングレースをご提案していけたらいいなと思っています。

 

 

関連記事

Blog ranking

Blog ranking

おすすめ記事

  • 2015.1.31

    どんな教室?

    ecruエクリュは「生成り色」の意味を持つ言葉です。自然な色、優しい色、そして綺…

  • 2014.4.12

    編み物を楽しく♪

    レッスンにいらっしゃる方の中には 「持っていた本を見ながら頑張ったけれど 理解出…

ページ上部へ戻る