生徒さんのブリューゲルレース

今週のカルチャー教室では、生徒さんのブリューゲルレースのジャグカバーが出来上がりました♪

正確にはブリューゲルレース風。
1段目の丸いモチーフと縁編みは一般的なかぎ針編みの模様で、間の6枚の花びらがブリューゲルレースのデザインです。
最後の段にはパールとスワロフスキーを編み込みます。

2段目までをお家で仕上げてアイロンがけもして来てくてくださったので、とっても綺麗な状態で縁編みを編むことができました。
スチームを当ててとっても綺麗な出来上がりました^^

ブリューゲルレースは長編みを往復して長く編んだブレードを、図案に合わせてカーブさせたりつないだりして編んで行くレース編みです。
スキーの滑ったときに出来る跡のようだということで、ボーゲンレースともいわれます。

ベルギーのボビンレースを真似て、ドイツでかぎ針で編まれるようになったのが発祥だそうですが、詳しくはわかっていないようですよ。


数少ないブリューゲルレースの本がこちらです♪

伝統的な編み物もお伝えしていけたら幸せです♪

 

我孫子市の編み物教室 Natural knit ecru*
生徒さん募集中♪
お申し込み

編み図・キットの専門店
minne
iichi
BASE

関連記事

Blog ranking

Blog ranking

おすすめ記事

ページ上部へ戻る