CAD編み図講座について最近おもうこと

先日SkypeのCAD講座に同時にお二人にお申込みいただいたのですが、お名前を確認していたつもりが来週ご予約の方に今週の方と間違えてご連絡をしてしまいました…
予定と違っていてびっくりされたと思います。反省…><

最近CADのお問い合わせが少しずつ増えていて、必要な方がいるんだなと実感しています。

昨日ご受講いただいた方は教室の先生でした。生徒さんに渡す編み図をCADで描きたいとのこと。
基礎レッスンと一緒に、ご購入いただいた記号図データを利用して自分用の新しい記号図を作る方法をレッスンしました。

円を半円にする方法、同じ長さの線を引く方法、コピーする方法・・・ 小さな小さな記号図の中に、やらなくてはいけない、そして覚えなくてはいけない作業がてんこ盛りです。
「けっこう面倒なんですね…」と思わず言葉に出てしまう気持ち、わかります^^

何種類もの記号図を1つ1つ作るのは時間も手間もかかって大変な作業ですし、記号図データはあると本当に便利なものだと思います。
でも120種以上あるかぎ針データでもすべての編み図には対応しきれません。

例えば松編み。
7目までは作りましたが、間に鎖が入る場合やアーチの形も編み図によって違います。こんな風にオリジナルにしたいときや編み図に収まるように変形させなくてはいけない場合はアレンジが必要になります。

棒針でいえば引き上げ編み記号。
段数を変えたい場合は線を伸縮させます。 イチから線を引くより既存のデータを利用して線を伸ばしたり縮めたりできたらとても便利です。
このちょっとしたアレンジ作業でも、出来るようになるためにはやはり基本がわからないと…。

講座を開いてから1年。これまでに10数名の方へご指導させていただきましたが、お問い合わせいただく中で一番の多いのは「どのくらいで出来るようになりますか?」というご質問。
大体の目安はお伝えしていますが、もちろん個人差というものがあるので習得までの時間は様々。そして受講にかかる費用もご心配な点ですよね。

今はご自身の描きたい編み図で練習する方が多いのですが、実はどの編み図を使っても結局のところ編み図制作に必要なCAD技術は大体決まっています。
それなら時間のかかる人も早い人もCAD編み図の基本が一定の料金で習得できたら安心なんじゃないかな・・・なんて思うようになりました。

私自身が日頃CADを使っている中で学んだ、より便利に早く描ける方法も組み込みつつ、CADの基本を習得できるようなカリキュラム。
6月末まで秋冬のお仕事でいっぱいいっぱいですが、合間に準備していきますね♪
もちろん、いますぐこの編み図が描きたい!という方はお好きな時間で自由にご受講いただくのがいいと思います^^

 

CAD編み図講座のカリキュラム準備が出来ましたらLINEでご案内させていただきます。
ぜひお友達登録ください♪

Add Friend

 

お庭に咲いているニゲラ。
ふわふわっとして風にゆれる姿も大好きなハーブ。

花びらが散ると段々と膨らんで可愛い風船になっていきます。
この風船から取れる種も毎年大切にしています^^

 

 

土の影響か、今年はピンクが多く咲いています。

5月の庭が大好きです^^

 

我孫子市の編み物教室 Natural knit ecru*

 

編み図・キットの専門店
BASE
Creema
minne
iichi

>> CAD編み図Skype講座

関連記事

おすすめ記事

ecru*の本棚 ~掲載本の紹介~

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る